少年法が見直しへ!未成年の罪が重くなるって本当?

8月6日、法制審議会により進められた少年法の改正について様々な意見があります。

今回は少年法が見直しになったことで未成年の罪が重くなるのか、その疑問について記事を書いていきたいと思います。

 

少年法が見直しへ!

少年法などの見直しを検討している法制審議会(法相の諮問機関)の部会が6日、法改正に向けた要綱原案をまとめた。最大の焦点だった20歳未満から18歳未満への適用年齢引き下げについては判断を見送る一方、18、19歳については家庭裁判所から検察官に送致(逆送)して刑事裁判にかける対象犯罪を拡大し、厳罰化を強める。18、19歳は実名などの報道を起訴後に可能にすることも盛り込んだ。早ければ9月に最終案がまとまる見通しで、法務省は来年の通常国会に改正案を提出する意向だ

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/7a0c945350e979e9ca5159ca424cf1c7e9f6e12b

 

詳しい解説動画はこちら↓

 

年齢が若くても犯罪は犯罪なので、18歳よりも下げるべきかと思います。

実名も18歳から出してもいいのではないでしょうか・・・

 

ネット上の意見はこちら

 

 

 

少年法の厳罰化が進むと未成年の罪は重くなる?

少年法とは少年保護手続に関する刑事訴訟法の特則を規定した日本の法律です。

詳しくはこちら➡︎Wiki

 

これから更に厳罰化は進んでいくかもしれませんね。

 

少年法が見直しへ!未成年の罪が重くなるって本当?まとめ

今回は少年法が見直しされた事による未成年への影響を記事にしました。

一見厳しいのではなかと思いますが、個人的には善悪の判断はしっかり出来る年齢なので実名も出せば良いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です